川越の五ツ星お米マイスターのいる米屋 小江戸市場カネヒロの日記

川越 五ツ星お米マイスターのいる米屋 小江戸市場カネヒロ

40年もの長い米や生活で思う事。

少子高齢化を迎え、米の消費も落ちています。
おまけに炭水化物ダイエット
でも数千年にわたって主食としてきたお米がないがしろにされるには、
少しとおかしいのではないでしょうか?
専門医のご支持をいただき適切に行ってください。
雑穀がお米に代わって、もち麦など食物性ん位の多いものと食べ合わせると
大変に健康良いこととなるでしょう。

米と比べて、約25倍も含有されているのます。またあの玄米と比べても約4倍の含有量があるので、毎日の生活の中で少量摂り入れるだけでかなりの食物繊維が確保出来ることがわかると思います。


水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれているのが特徴で、その割合は約4:3の比率になります。


ダイエットにも!もち麦のヘルシー効果


白米の茶碗1杯のカロリーが252kcalに対し、もち麦は198kcalです。約54kcalの差があります。よって、毎日食べている白米にもち麦を混ぜることで、必然的に摂取カロリーを下げることが出来ます。

日本人は昔は玄米を主食としてきましたが、都市部では江戸時代以降、精白米を食べるようになりました。その結果ビタミンB1が欠乏するようになり、脚気(かっけ)という病気が増え「江戸わずらい」と呼ばれた。明治時代に入ると白米を食べる習慣が地方にも広がり脚気が全国的な問題となりました。玄米はビタミンB1だけでなく、その他の栄養素も豊富なことから、近年は玄米が再び見直されてきています。ただ、玄米は精白米に慣れた人にはボソボソ感があることから食べ難く、また消化もよくないので、精米の程度を調整した5分づき、7分づきなども市販されています。試してみたい人は、いきなり玄米ではなく、七分づき位からをお勧めします。