川越の五ツ星お米マイスターのいる米屋 小江戸市場カネヒロの日記

川越 五ツ星お米マイスターのいる米屋 小江戸市場カネヒロ

雨垂れ石を穿つ(あがつ)

軒下から落ちるわずかな雨垂れでも、長い間同じ所に落ち続ければ、ついには硬い石に穴をあける意味から。
私は何のとりえのない人間です。
一つのことを続けることしかできません。
過去も現在も未来も永遠に続く長い道のりの途中なんですね。
一念を通すって誰でもできますが、その道の頂上を目指すには
気の遠くなるような時間と努力と勉強が必要です。
多分、何代も何代も懸かって目標に近づくのだと思います。
ただ私の使命は、その橋渡し。
渡せるか渡せないかは、諦めるか諦めないかごく単純な
事だと思います。
いかに今よりは善き方に最善を尽くし使命を全うすることが大切だと思います。